サンアリックス

Accordance and Love

お問い合わせお問い合わせ

製品・サービス

HOME > 製品・サービス > パッケージシステム > 社会福祉法人会計システム

社会福祉法人会計システム

こんな法人さまにおすすめです!

作業の効率化・コスト削減お悩みをすっきり解決!

社会福祉法人会計基準に基づく会計システムです。
定款・経理規程を想定し伺い書から仕訳伝票、月次及び年次決算までできます。

CHECK

1法人で経理処理を本部機能で一括して処理している。又は現金出納帳だけ拠点(サービス区分)で処理している法人様。

CHECK

大規模なシステムを導入できないが、自社で会計処理を行い資金の動きを把握していきたい。

CHECK

経理規程と行政監査に沿った会計処理を行いたい。

CHECK

導入コスト及びランニングコストを抑えたい。

CHECK

会計の知識もなく日々の運用に不安があるからサポートが欲しい。

CHECK

あれこれ多くの機能はいらないので必要な機能と会計基準の計算書類と会計帳簿だけほしい。

システム概要

システムのポイント

POINT1

社会福祉法人様に特化した会計システムです。お客様にとっての分かりやすさと使いやすさを重視した専用システム。もちろん新会計基準対応のシステムです。

POINT2

公益性の高い社会福祉法人として経理規程にそった収支伺い書入力 → 承認 → 執行 →仕訳伝票へ転送の機能を標準装備。

POINT3

各種帳票はExcelへの書き出し機能を搭載。また社会福祉法人現況報告書を踏まえて会計データーをExcelシートに転送できる機能を完備。

POINT4

サポート体制は導入運用指導(初年度)とリモート通信サポート。そのほか電話メールでの問い合わせも対応。

充実のサポート体制

サポートは専門知識を持ったスタッフが対応。現地指導、電話対応はもちろん、リモート通信ソフトを使って遠隔サポートを実施。距離を全く気にすることがないサポート体制をとっています。

専用のコールセンター

業務に精通したスタッフが常駐。専任のスタッフが分かりやすく対応いたします。

法制度改正対応

行政による法改正や制度変更への対応は無償で対応。創業より一貫して弊社が持ち続けているポリシーです。

機能強化

数多くのお客様のご要望を反映した機能強化を定期的に実施いたします。

導入後の訪問研修

ご利用期間を通して訪問研修を実施。操作方法から業務改善の提案まで手厚くサポートいたします。

システム体系図

社会福祉法人会計基準に基づいたシステムです。

必要な機能に限定し、必要な書類を完備しています。システムデーターはWAMネットに提出する社会福祉法人現況報告書のエクセルシートに対応。
報告書作成の事務作業を大幅に軽減しています。

業務形態によって省ける帳票もあります
  資金収支計算書 事業活動計算書 貸借対照表 財務諸表の注記 備考
法人全体 第一号第一様式
(法人単位資金収支計算書)

○第一号第二様式
(資金収支内訳表)

 

第二号第一様式
(法人単位事業活動計算書)

○第二号第二様式
(事業活動内訳表)
第三号第一様式
(法人単位貸借対照表)

○第三号第二様式
(貸借対照表内訳表)
全項目

左記様式では事業区分間の内部取引消去を行う
別紙3①借入金明細書
別紙3②寄付金収益明細書
別紙3③補助事業等収益明細書
別紙3④事業区分間及び拠点区分間繰入金明細書
別紙3⑤事業区分間及び拠点区分間貸付金(借入金)残高明細書
別紙3⑥基本金明細書
別紙3⑦国庫補助金等特別積立金明細書
事業区分 ◎第一号第三様式
(事業区分資金収支内訳表)
◎第二号第三様式
(事業区分事業活動内訳表)
◎第三号第三様式
(事業区分貸借対照表内訳表)
左記様式では拠点区分間の内部取引消去を行う  
拠点区分 第一号第四様式
(拠点区分資金収支計算書)
第二号第四様式
(拠点区分事業活動計算書)
第三号第四様式
(拠点区分貸借対照表)
一部項目は記載不要 別紙3⑧基本財産及びその他の固定資産(有形・無形固定資産)の明細書
別紙3⑨引当金明細書
別紙3⑩拠点区分資金収支明細書
別紙3⑪拠点区分事業活動明細書
別紙3⑫積立金・積立資産明細書
別紙3⑬サービス区分間繰入金明細書
別紙4⑭サービス区分間貸付金(借入金)残高明細書
サービス
区  分
☆拠点区分
資金収支明細書
☆拠点区分
事業活動明細書
  各明細書ではサービス区分間の内部取引消去を行う 別紙3⑩拠点区分別資金収支明細書
別紙3⑪拠点区分別事業活動明細書
  1. ○印の様式は、事業区分が社会福祉事業のみの法人の場合省略できる。
  2. ◎印の様式は、拠点が1つの法人の場合省略できる。
  3. ☆印の様式は、附属明細書として作成するが、その拠点で実施する事業の種類に応じていずれか1つを省略できる。

なお、サービス区分が一つの法人の場合いずれも省略できる。

サンプル

附属明細書
「社会福祉法人会計基準に基づき、各法人の経理規程に定められた帳票を完備しております。

財務諸表
「社会福祉法人会計基準に基づき、各法人の経理規程に定められた帳票を完備しております。

収支伺い書機能

伺い書も標準装備

【収支伺い調書】→【仕訳入力】連動機能
予算執行に関する収支伺い書を作成するとそのまま仕訳伝票までデーターが連動できるようになりました。

エクセル書き出し機能

財務諸表を財産目録、予算管理帳票の書き出しができます