浄土真宗本願寺派(西本願寺)

福泉寺について

  • HOME »
  • 福泉寺について

福泉寺について

戦国時代の天正年間(1573-1591)、笹尾山(現在の東員町城山1丁目38番、別名:城山)にあった笹尾城の城主、青木駿河守平安豊が、永禄14年正月、織田信長の命によった瀧川一益に攻められ滅び、戦死。
その末孫が、当地瀬古泉に来て小庵を造り笹尾堂と称し、仏教を信仰しました。


そして江戸時代の寛永年間(1624-1643)に、僧、教信が本願寺に帰依し、寛文10年(1670)、一字を建てて福泉寺と称しました。よって現在、「笹尾堂福泉寺」、あるいは「笹尾山福泉寺」といわれています。

福泉寺の施設

年中行事

1月1日   元旦会(10時より)

2月        瀬古泉地区老人会追悼法要

3月        22日~24日     春季永代経法要(毎日14時より)

          門徒総会  仏教壮年会・婦人会合同総会

5月           納骨団体参拝

8月           安穏の鐘

9月           20日~22日     秋季永代経法要(毎日14時より)

11月         境内剪定奉仕活動

               報恩講法要 報恩講の集い(例年11月中の金曜日・土 曜日)

12月          除夜の鐘

 
 女人講 毎月開催(おみがき 年2回)
 仏教壮年会  奉仕活動年2回
 仏教婦人会  奉仕活動年3回

↓写真をクリックすると大きく開きます↓

 

 

◆リンク

浄土真宗本願寺派 本願寺
大谷本廟(西大谷)
浄土真宗本願寺派 東海教区 員弁組

お気軽にお問い合わせください TEL 0594-76-2466

PAGETOP
Copyright © 笹尾山 福泉寺 All Rights Reserved.