高野山真言宗普門寺



普門寺(ふもんじ)開山(かいざん)
 当寺(とうじ)は、 奈良時代(ならじだい)神亀(じんき)4年(727)に行基(ぎょうき)によって開山(かいざん)されたと(つた)わっています。
天文(てんぶん)3年(1534)成立(せいりつ)の『普門寺縁起(ふもんじえんぎ)』には、(つぎ)のような伝承(でんしょう)(しる)されています。関東(かんとう)()かう途中(とちゅう)当山(とうざん)(のぼ)った行基(ぎょうき)が、この(やま)地景(ちけい)奇特(きとく)(かん)じ、寺院草創(じいんそうそう)(こころざし)(いだ)修行(しゅぎょう)をしていたところ、観音様(かんのんさま)姿(すがた)(あらわ)して「(やま)(かたち)にちなんで山号(さんごう)は「船形山(せんぎょうさん)」、観音様(かんのんさま)にちなんで寺号(じごう)は「普門寺(ふもんじ)」と名付(なづ)けよ」とお()げをされました。行基(ぎょうき)はその観音様(かんのんさま)姿(すがた)(みずか)()り、このお()げの内容(ないよう)聖武天皇(しょうむてんのう)報告(ほうこく)したところ、堂塔建立(どうとうこんりゅう)(めい)じられて普門寺(ふもんじ)開創(かいそう)されることになりました。普門寺(ふもんじ)天智天皇彫刻(てんじてんのうちょうこく)五大明王(ごだいみょうおう)本尊(ほんぞん)とする「東谷(ひがしだに)」、観音様(かんのんさま)を本尊とする「西谷(にしだに)」からなり、聖武天皇(しょうむてんのう)尊勝峯(そんしょうみね)神石山(かみいしやま))と雨応峯(うおうみね)雨応山(うおうやま))から見渡(みわた)せる範囲(はんい)寺領(じりょう)とした、といいます。
豊橋市教育委員会(とよはししきょういくいいんかい)によって平成(へいせい)16年(2004)から(おこな)われた学術調査(がくじゅつちょうさ)によれば、裏山(うらやま)船形山山腹(ふながたやまさんぷく)にある「元々堂址(もともとどうし)」の本堂跡(ほんどうあと)からは10世紀半(せいきなか)ばの遺物(いぶつ)出土(しゅつど)しており、また本尊聖観音菩薩立像(ほんぞんしょうかんのんぼさつりゅうぞう)が11世紀(せいき)菩薩形立像(ぼさつけいりつぞう)が10〜11世紀(せいき)彫刻(ちょうこく)であることが判明(はんめい)しており、普門寺(ふもんじ)成立(せいりつ)古代(こだい)(さかのぼ)ることは確実視(かくじつし)されています。


中世普門寺(ちゅうせいふもんじ)中興(ちゅうこう)
 『普門寺縁起(ふもんじえんぎ)』によれば、古代(こだい)普門寺(ふもんじ)は3000(あま)りの坊舎(ぼうしゃ)(かか)えて繁栄(はんえい)しましたが、嘉応年中(かおうねんちゅう)(1169〜1171)に比叡山(ひえいざん)()められ焼失(しょうしつ)し、()いで養和年間(ようわねんかん)(1181〜1182)に源頼朝叔父(みなもとよりともおじ)化積上人(けしゃくしょうにん)によって中興(ちゅうこう)された、といいます。
今日残(こんにちのこ)されている国指定重要文化財(くにしていじゅうようぶんかざい)などからも、平安時代後期(へいあんじだいこうき)普門寺(ふもんじ)(おお)きく()まれ()わったことは(うたが)いのないことです。久寿(きゅうじゅ)3年(1156)には僧勝意(そうしょうい)によって経塚(きょうづか)造営(ぞうえい)され、平治(へいじ)2年(1160)には高松院(こうしょういん)二条天皇(にじょうてんのう)(きさき))より下賜(かし)された梵鐘(ぼんしょう)が、地域(ちいき)(ひと)びとから奉納(ほうのう)された(どう)(くわ)えて再鋳造(さいちゅうぞう)されて奉納(ほうのう)されました。永暦(えいりゃく)2年(1161)には僧永意(そうえいい)によって(あたら)しい普門寺(ふもんじ)発起文(ほっきぶん)ともいえる「起請(きしょう)」が(さだめ)められました。平安時代後期(へいあんじだいこうき)普門寺(ふもんじ)(あたら)しい村々(むらむら)形成(けいせい)した地域住民(ちいきじゅうみん)によって、地域社会(ちいきしゃかい)自立(じりつ)結集(けっしゅう)拠点(きょてん)として再生(さいせい)されました。
 鎌倉時代(かまくらじだい)には山麓(さんろく)雲谷(うのや)岩崎(いわさき)中心(ちゅうしん)一部(いちぶ)遠江(とうとうみ)(およ)広大(こうだい)寺領(じりょう)(ゆう)しており、とりわけ雲谷(うのや)などは普門寺(ふもんじ)の「境内(けいだい)」とも認識(にんしき)されるなど、中世(ちゅうせい)普門寺(ふもんじ)は山(さんろく)地域社会(ちいきしゃかい)密接(みっせつ)関係(かんけい)をもって存立(そんりつ)していました。一方(いっぽう)、『普門寺縁起(ふもんじえんぎ)』では源頼朝公(みなもとのよりともこう)平家追討(へいけついとう)祈祷(きとう)をして、頼朝公(よりともこう)等身大(とうしんだい)不動明王像(ふどうみょうおう)現在(げんざい)客殿(きゃくでん)安置(あんち))を(つく)ったとの記述(きじゅつ)があります。平家滅亡後(へいけめつぼうご)頼朝公(よりともこう)上落(じょうらく)する(さい)には普門寺(ふもんじ)()()(おお)くの寺領(じりょう)寄進(きしん)され、寺門興隆(じもんこうりゅう)三河七御堂(みかわしちみどう)随一(ずいいち)()われたとの(でん)もあります。(じっ)(さい)当時(とうじ)文献(ぶんけん)にも鎌倉幕府(かまくらばくふ)から(あつ)保護(ほご)()けていたことを(うかが)わせる記録(きろく)もあります。
船形山山腹(ふながたやまさんぷく)には200か所以上(しょいじょう)人工(じんこう)平坦地(へいたんち)があり、(おお)くの堂舎(どうしゃ)坊院(ぼういん)(かか)えていたと(かんが)えられ、当時(とうじ)隆盛(りゅうせい)(しの)ばせます。とくに(おお)きな平坦地(へいたんち)である「元々堂址(もともとどうし)」「元堂址(もとどうし)」はともに平安時代後期(へいあんじだいこうき)(おお)がかりな整備(せいび)(おこな)われ、現在(げんざい)本堂跡(ほんどうあと)基壇(きだん)(のこ)されています。それぞれかつての普門寺(ふもんじ)構成(こうせい)した船形寺(ふながたでら)西谷(にしだに)本尊聖観音菩薩(ほんぞんしょうかんのんぼさつ))と梧桐岡院(きりおかいん)東谷(ひがしたに)本尊五大明王(ほんぞんごだいみょうおう))に相当(そうとう)すると(かんが)えられています。


戦国(せんごく)江戸時代(えどじだい)普門寺(ふもんじ)
 このように隆盛(りゅうせい)(ほこ)った普門寺(ふもんじ)でしたが、戦国時代(せんごくじだい)になると、今川氏(いまがわ)戸田氏(とだし)牧野氏(まきのし)近隣(きんりん)武士(ぶし)(あらそ)いに()()まれ、永正(えいしょう)14(ねん)(1517)には裏山(うらやま)(きず)かれた船形山城(ふながたやまじょう)をめぐって今川氏(いまがわし)戸田氏(とだし)(あらそ)っています。(船形山合戦(ふながたやまかっせん))。そして天文(てんぶん)2(ねん)(1533)には兵火(へいか)のため全山(ぜんざん)がことごとく焼失(しょうしつ)してしまったといいます。
 しかし戦国時代(せんごくじだい)から江戸時代前期(えどじだいぜんき)にかけて、かつての隆盛(りゅうせい)をとり(もど)すべく復興(ふっこう)(おこな)われました。1540(ねん)ころには、普門寺復興(ふもんじふっこう)地域社会(ちいきしゃかい)再結集(さいけっしゅう)祈念(きねん)して、船形山合戦(ふながたやまかっせん)などの一連(いちれん)戦乱(せんらん)戦死者(せんししゃ)(ふく)大規模(だいきぼ)共同供養(きょうどうくよう)三界万霊供養(さんがいばんれいくよう))が(おこな)われています。東三河(ひがしみかわ)西遠江(にしとおうみ)(ひろ)範囲(はんい)地域(ちいき)から奉加者(ほうかしゃ)供養者(くようしゃ)(あつ)まり地域社会(ちいきしゃかい)結集拠点(けっしゅうきょてん)として普門寺(ふもんじ)再生(さいせい)目指(めざ)されました。
 その()今川氏(いまがわし)徳川家康(とくがわいえやす)池田照政(いけだてるまさ)輝政(てるまさ))など代々(だいだい)領主(りょうしゅ)保護(ほご)()け、(すこ)しずつ復興(ふっこう)(すす)められました。慶長(けいちょう)8(ねん)(1603)には再中興(さいちゅうこう)住持(じゅうじ)龍祐(りゅうゆう)のときに寺領朱印地(じりょうしゅいんち)100(こく)徳川家康(とくがわいえやす)より(あたえ)えられています。そして17世紀後半(せいきこうはん)住持日誉(じゅうじにちよ)昶深(ちょうしん)のときに、仁王門(におうもん)本堂(ほんどう)など大規模(だいきぼ)造営(ぞうえい)(おこな)われて、ようやく今日(こんにち)につながる基本的(きほんてき)寺観(じかん)(ととの)えられるに(いた)ります。以来(いらい)観音霊場(かんのんれいじょう)源頼朝公所縁(みなもとよりともこうゆかり)()として、また江戸時代(えどじだい)には桜名所(さくらめいしょ)として、(おお)くの参詣客(さんけいきゃく)(あつ)め、(あつ)信仰(しんこう)されてきました。


普門寺(ふもんじ)将来(しょうらい)
二度(にど)にわって(おお)きな火災(かさい)()ったにもかかわらず、普門寺(ふもんじ)には仏像(ぶつぞう)工芸品(こうげいひん)古文書(こもんじょ)など貴重(きちょう)文化財(ぶんかざい)(おお)(つた)えられ、船形山(ふながたやま)旧境内遺跡(きゅうけいだいいせき)()わせて、中世山寺(ちゅうせいやまでら)代表的(だいひょうてき)遺跡(いせき)(ひと)つとして学術的(がくじゅつてき)にも注目(ちゅうもく)(あつ)めています。
今日(こんにち)紅葉(こうよう)名所(めいしょ)として()られる普門寺(ふもんじ)では、こうした(ゆた)かな歴史文化(れきしぶんか)自然環境(しぜんかんきょう)継承(けいしょう)し、観音霊場(かんのんれいじょう)としての信仰(しんこう)(まも)りながら、地域文化(ちいきぶんか)拠点(きょてん)として(あら)たな一歩(いっぽ)()()しています。

*この沿革(えんかく)は、 豊橋市教育委員会(とよはししきょういくいいんかい)によって平成(へいせい)16年(2004)〜平成(へいせい)28(ねん)(2016)にわたり普門寺(ふもんじ)総合的(そうごうてき)調査(ちょうさ)して(いただ)いた成果(せいか)(もと)にして(あら)たに()きました。





トップページ普門寺の沿革行事予定阿字観永代供養イベント樹木葬納骨堂普門寺掲示板普門寺の四季普門寺へのアクセス
高野山真言宗 船形山 普門寺
〒441-3104 愛知県豊橋市雲谷町ナベ山下7番地 電話&FAX 0532(41)4500
COPYRIGHT(C) FUMONJI TEMPLE All Right Reserved.